このページの本文へ

SII、AirH”の128kパケット方式に対応したCF Type I型データ通信カード『AH-S405C』を発売

2003年10月22日 20時32分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セイコーインスツルメンツ(株)は22日、ディーディーアイポケット(株)のパケット通信サービス“AirH””に対応した、CF(Type I)準拠のデータ通信カード『AH-S405C』を発売すると発表した。30日からDDIポケットの販売ルートで販売する。価格はオープン。

『AH-S405C』
『AH-S405C』

『AH-S405C』は、同社のCF型データ通信カードに比べて、体積を約55%、重量を約42%に小型軽量化するとともに、電波を良好に受信しやすくする可動アンテナを採用し、平均消費電流を約170mAに低減したのが特徴。動作電圧は3.3V/5Vに対応。通信方式は、128kパケット方式(128kbps)、32kパケット方式、フレックスチェンジ方式(64kbps)、64kPIAFS(64kbps)、32kPIAFS(32kbps)などに対応する。

本体サイズは幅42.8×奥行き55×高さ3.3mm、重量は約24g(付属のPCカードアダプター使用時は37g)。通信が行なえない場合に原因を診断する独自開発のプログラム『カード診断プログラム』が付属する。対応OSは、Windows CE 3.0、Windows 98/98 SE/Me/2000/XP、Mac OS 8.5/8.5.1/9.0/9.0.4/9.1/9.2.1/9.l/9.2.1/9.2.2、Mac OS X 10.1.5/10.2/10.2.1/10.2.2/10.2.3/10.2.4/10.2.5/10.2.6。

同製品は、DDIポケットが提供する国際ローミングサービスにも対応しており、台湾でも利用できるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン