このページの本文へ

SII、データ通信カードでパソコンをセキュリティーロックできるソフト『RAKUSE for SII』を提供

2006年04月26日 22時05分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セイコーインスツル(株)は26日、同社製のPHSデータ通信カードをセキュリティーキーとして利用できるようにするソフト『RAKUSE for SII』のダウンロードによる提供を5月9日に開始すると発表した。同社のウェブサイトで提供する。

『AX420S』
『AX420S』

『RAKUSE for SII』は、十条電子(株)が開発したソフトで、スクリーンセーバーロックやWindowsの自動ログオン/ログオフなどの機能のほか、データ通信カードをパソコンセキュリティーキーとして利用できるのが特徴。対応するPHSデータ通信カードは、『AX420S』『AH-S405C』『CH-S203C/TD』の3製品。『AH-S405C』『CH-S203C/TD』については本体のバージョンアップが必要(対応ソフトはウェブサイトで提供)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン