このページの本文へ

クーラーマスターから低価格な新作ミドルタワーケース「Centurion 1」が登場!

2003年10月03日 21時24分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Centurion 1
「Centurion 1(型番:CAC-T01)」

 クーラーマスターから、同社のケースとしては安めの価格設定が特徴の新作ATX対応ケース「Centurion 1(型番:CAC-T01)」が発売された。実売価格は1万1480円~1万2800円となっている。



メッシュ状の通風孔 開け方
メッシュ状の通風孔を設けるなど同社らしいスタイリッシュなデザイン最初に上面のパネルを外してからサイドパネルを開ける仕組み
内部 ドライブベイ
筐体内部搭載可能なドライブは5インチベイが4基、3.5インチベイが2基(シャドウ×2)という構成

 アルミを使用したフロント部分は、メッシュ状の通風孔を設けるなど同社らしいスタイリッシュなデザインだ。サイズは472(H)×196(W)×425(D)で5インチベイが4基、3.5インチベイが2基(シャドウ×2)という構成。フロント下部のアクセスポートはUSB×2、IEEE1394×1、マイク×1、イヤホン×1となり電源は搭載していない。なおフロントに、80mm角のファンを1基搭載している。
 フロントパネル以外の筐体部分はスチール製で、内部の作りも同社の既存モデルと比較した場合チープな印象は拭えないが、価格を考慮すれば致し方ないところか。価格はOVERTOPで1万1480円、コムサテライト3号店で1万1980円、高速電脳で1万2800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ