このページの本文へ

米マックストア、USB 2.0/IEEE1394両対応の外付けHDD『Maxtor OneTouch』を発表

2003年08月27日 22時37分更新

文● 編集部 水野輝夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マックストア(株)は27日、米マックストア社(以下Maxtor)が現地時間の26日に、ボタン1つでデータバックアップが可能な外付けHDD『Maxtor OneTouch』の出荷を開始したと発表した。発売は9月上旬予定、価格はオープンプライス。今月29日からドイツのベルリンで開催される“IFA(国際民生用エレクトロニクス展)”で初公開される予定だ。

「Maxtor OneTouch」

『Maxtor OneTouch』は、放熱性に優れたアルミ製のスタイリッシュなケースを採用し、縦置きと横置きの両方が可能。横置きの場合はケースにモールドされたくぼみと張り出しを合わせることにより複数台を安定して積み重ねられるようになっている。本体サイズは幅41×奥行き210×高さ140mm、重量は1.38kg。インターフェースはUSB 2.0対応とUSB 2.0/IEEE1394両対応の2種類を用意。容量は120GBから300GBまでで、全5種類の各モデルのスペックは以下の通り。


モデル番号 容量 回転数 バッファ容量 インターフェイス
A30B120 120GB 7200rpm 2MB USB 2.0
A30A160 160GB 7200rpm 8MB USB 2.0/IEEE1394
A30A200 200GB 7200rpm 8MB USB 2.0/IEEE1394
A30A250 250GB 7200rpm 8MB USB 2.0/IEEE1394
B30A300 300GB 5400rpm 2MB USB 2.0/IEEE1394
積み重ね可能
横置きにすると積み重ねられるデザインとなっている
USB2.0のほか、IEEE1394にも対応
USB2.0のほか、IEEE1394にも対応
米マックストア社のリテール製品担当プロダクト・マネージャーのジョン・フー氏
米マックストア社のリテール製品担当プロダクト・マネージャーのジョン・フー氏

 使用しているHDDは同社製“DiamondMax”シリーズ製品で、全モデルが流体軸受を採用し、プラッター容量は80GB。同社製『Personal Storage 5000』ではじめて採用された“OneTouch”ボタンを今回も搭載しており、同梱ソフト『Dantz Retrospect Express』により、本体前面に設けられたボタンを押せばワンタッチでデータバックアップや自動バックアップができる。また今回の『Maxtor OneTouch』からは新たにシステム全体のリカバリー機能なども追加されており、ボタン機能のカスタマイズも可能。米マックストアのリテール製品担当プロダクト・マネージャーのジョン・フー(John Fu)氏によれば、「基本的にどのようなアプリケーションやファイルでも起動するように設定できる」とのこと。独立した電源スイッチを設けているほか、パワーマネージメント機能をそなえており、一定時間でのHDD停止、スリープモードの設定などが可能。



米マックストアのコーポレート・マーケティング担当副社長のスティーブン・ディフランコ氏
米マックストアのコーポレート・マーケティング担当副社長のスティーブン・ディフランコ氏

米マックストアのコーポレート・マーケティング担当副社長のスティーブン・ディフランコ(Stephen DiFranco)氏は、「1日あたり6PB(ペタバイト)の同社製ストレージ製品が販売されており、2003年7月時点で同社製HDDの日本市場シェアは41%(テクノシステムリサー チ調べ)となっているが、PC内蔵型ドライブの出荷は伸び悩んでおり、新しい市場とニーズを開拓する必要がある」と日本で外付けHDDを積極的に展開する理由を説明。OEMメーカーによる外付けストレージとは異なり、「マックストア製HDDが確実に使用されている安心感、そしてユニークなデザインがセールスポイント」とのこと。IEEE1394インターフェースをほとんどのモデルがそなえていることも特徴だが、「USB 2.0は480Mbpsの転送速度をうたっているが他のデバイスとの混在などによりそこまでの速度は出ないことが多く、速度の安定性という意味ではIEEE1394にアドバンテージがある」と強調した。全モデルがファンレス構造となっているのは「静音性に配慮したため」としている。

また、唯一300GBモデルのみが毎分5400回転/バッファー2MBという低スペックのドライブを使用しているが、「300GBという大容量を必要とするユーザーはデータ転送スピードが重要視される使い方はしないと判断した」とのこと。
 編集部の予想実売価格は120GBが2万2000円前後、160GBが2万6000円前後、200GBが3万8000円前後、250GBが4万8000円前後、300GBが5万5000円前後。



デモ
“OneTouch”ボタンによるデータバックアップのデモ
“OneTouch”ケーキ
発表会で披露された“OneTouch”ケーキ。発表会後報道陣にふるまわれた

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン