このページの本文へ

日本マックストア、160GB/120GBの外付け型HDD『3000XT/3000LE』を発売

2002年01月25日 10時56分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本マックストア(株)は25日、容量が160GBでIEEE1394対応の外付け型HDD『Maxtor Personal Storage 3000XT』と、120GBでUSB 2.0対応の外付け型HDD『Maxtor Personal Storage 3000LE』の2製品を発表した。発売は『3000XT』が同日付けで、『3000LE』が2月上旬。価格はオープン。編集部による予想販売価格は『3000XT』が5万5000円前後、『3000LE』が4万2000円前後。

『3000XT』
『3000XT』

『Personal Storage 3000XT』は、IEEE1394/SBP-2(Serial Bus Protocol)準拠のインターフェース(6ピン×2)を搭載した160GBの外付け型HDD。次世代ATAインターフェース規格“Big Drive”を採用したUltra ATA/133対応の3.5インチHDDユニットを内蔵する。回転数は毎分5400回転で、バッファーメモリーは2MB。電源はAC100~240Vで、ACアダプターを利用する。本体サイズは幅152×奥行き219×高さ41mm、重量は約1.2kg。対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000/XP、Mac OS 9.0以降。なお、3000XTは最大62台まで接続することが可能。

『3000LE』
『3000LE』

『Personal Storage 3000LE』は、USB 2.0/1.1準拠のインターフェース(4ピン)を搭載した120GBの外付け型HDD。3000XTと同様に、Ultra ATA/133対応の3.5インチHDDユニットを内蔵する。回転数は毎分5400回転で、バッファーメモリーは2MB。電源はAC100~240Vで、ACアダプターを利用する。本体サイズは幅152×奥行き219×高さ41mm、重量は約1.2kg。対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000/XP、Mac OS 9.0以降。

製品パッケージ
『3000XT』(左)と『3000LE』(右)の製品パッケージ

ともに、製品パッケージには、インターフェースケーブルとACアダプター、ドライバーソフトを収録したCD-ROM、日本語インストールガイドを同梱する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン