このページの本文へ

ジャストシステム、ATOK16と共同通信社記者ハンドブックを連携させた『ATOK16 Professional』を限定販売

2003年08月05日 17時29分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ジャストシステムは5日、日本語入力システム『ATOK16』、電子辞典ソフト『ドクターマウス[英和/和英/国語辞典] /R.2』、ATOK専門用語辞書『共同通信社 記者ハンドブック辞書 for ATOK16』(※1)をセットにした『ATOK16 for Windows Professional』を9月19日に発売すると発表した。3000本の限定販売となる。

※1 『共同通信社 記者ハンドブック辞書 for ATOK16』:共同通信社の『記者ハンドブック第9版(第4刷)』をATOK辞書化したもの

パッケージ『ATOK16 for Windows Professional』のパッケージ

『ATOK16 for Windows Professional』は、ATOK16と共同通信社記者ハンドブック辞書を連携することで、新聞社や出版関連などで文章作成の基準とされるルールに沿った文章を作成できる日本語入力システム。通常の変換作業で記者ハンドブックの用例を直接参照したり、入力中の語句の意味を調べることが可能。

“講演”や“公演”などの同音語の使い分けにおいては、記者ハンドブックの基準にのっとった語句の意味や使いかたを変換候補と同時に指摘する。“つつましい”と“つましい”といった表記の似た語句を入力した場合も、“つつましい:控えめ”“つましい:倹約し質素である”というように語句の意味や用例を表示する。

同音語
同音語の使い分け表示

また、“ユーザ”や“コンピュータ”と入力すると、表記揺れの注意コメントと同時に共同通信社の基準に沿った置換候補である“ユーザー”や“コンピューター”を表示する。さらに、一般的に使用しないほうが望ましい語句などは、変換時に注意喚起のコメントと置換候補を表示するという。そのほか、略称の“CEO”を入力すると、正式名称の“最高経営責任者”や“Chief Executive Officer”を表示し、略称から日本語表記や正式名称に変換できる。

表記揺れ
表記揺れの表示

対応OSはWindows 98/Me/2000/NT 4.0/XP。価格は1万3800円、バージョンアップ版は9800円。

なお同社は、『共同通信社 記者ハンドブック辞書 for ATOK16』も単体発売する。価格はパッケージ版が5800円、ダウンロード版が4800円、J-License版が3500円。利用するにはATOK16が必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン