このページの本文へ

最強のVGAとなれるか!?“GeForce FX 5900 Ultra”搭載ビデオカードが販売開始!!

2003年06月13日 23時02分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
NV35
「NV35」こと“GeForce FX 5900 Ultra”

 昨日登場した、NVIDIAの新ビデオチップ“GeForce FX 5900”に続き、本日は最上位モデルとなる“GeForce FX 5900 Ultra”を搭載した製品が2つ同時に登場した。発売されたのはPNY製「Verto GeForce FX 5900 Ultra」とeVGA製「e-GeForce FX 5900 Ultra」でどちらも搭載メモリはDDR256MBとなっている。



Verto GeForce FX 5900 Ultra 並べてみる
PNY「Verto GeForce FX 5900 Ultra」実際並べてみても違いはファンに貼られたシールのみのようだ

 “GeForce FX 5900”シリーズは“GeForce FX 5900 Ultra”、“GeForce FX 5900”、“GeForce FX 5900 Value”の3種類が用意されており、“GeForce FX 5900 Ultra”はその中の最上位モデル。NVIDIAの国内発表によるとクロックはそれぞれコア450MHz、メモリ850MHzとなっており、“GeForce FX 5900(コア400MHz、メモリ850MHz)”よりコアクロックが50MHz高くなっている。

 今回発売された両製品は、どちらもNVIDIAリファレンスデザインのようで、実際並べてみても違いはファンに貼られたシールのみのようだ。基板の表面には、旧モデル“GeForce FX 5800”で主力となったシロッコファンを採用の大型で厚みのあるクーラーを搭載。メモリとVGAチップを同時に冷却する構造となっている。また裏面にも黒い大型のヒートシンクを装備している。よって、カード本体の厚みがあるため、ケース背面のPCIスロットを2つ分消費する点は以前と同じだ。コネクタはVGA、DVI、S-Videoという構成となっている。



コネクタ 裏面 厚み
コネクタはVGA、DVI、S-Videoという構成裏面にも黒い大型のヒートシンクを装備カード本体の厚みがあるため、ケース背面のPCIスロットを2つ分消費する点は以前と同じ
ヒートシンクを外した 裏面のヒートシンクを外した 搭載メモリ
ヒートシンクを外したところ同じく裏面のヒートシンクを外したところ搭載メモリのメーカーは不明
PNYの付属品 eVGAは付属ソフトも豊富
PNYの付属品は少ないeVGAは付属ソフトも豊富だ
PNYパッケージ eVGAのダンボールパッケージ
PNY「Verto GeForce FX 5900 Ultra」は白箱パッケージeVGA「e-GeForce FX 5900 Ultra」はただのダンボールのパッケージ

 両製品は付属品が異なり、Verto GeForce FX 5900 Ultraは英語マニュアル、VGA-DVI変換アダプタ、電源ケーブル、ドライバCDという簡素なものとなっているが、e-GeForce FX 5900 Ultraはそれらに加えVido-in/out用ケーブル、S-videoケーブル、「nV DVD2.0」や「PowerDirector2.1ME」、複数のゲームソフトなどが付く。
 各ショップとも価格が価格だけに、それほど在庫はもってないが、入荷している店舗は多い。昨日のMSI製「FX5900-TD128」も一部再入荷されているので、そちらを含めて以下に価格を掲載するので参考にしてもらいたい。


価格 ショップ
PNY
「Verto GeForce FX 5900 Ultra」
\58,500 ZOA秋葉原本店
\58,750 スーパーコムサテライト
\58,980 コムサテライト3号店
\59,700 フェイス
\59,800 アーク
\59,800 OVERTOP
\61,800 高速電脳
\62,800 BLESS秋葉原本店
\62,979 TSUKUMOeX.
\64,800 クレバリー1号店
\65,800 T-ZONE.PC DIY SHOP
eVGA
「e-GeForce FX 5900 Ultra」
\67,800 高速電脳
\67,800 クレバリー1号店
\69,800 コムサテライト3号店
MSI
「FX5900-TD128」
\53,800 高速電脳
\54,800 T-ZONE.PC DIY SHOP
\55,979 TSUKUMO eX.
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ