このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

日立、DVD MULTIドライブを搭載したデスクトップ/ノートパソコン“PriusAirシリーズ”6製品を発表

2003年05月12日 13時51分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立製作所は12日、CPUにAthlon XPを搭載し、上位2機種にDVD MULTIドライブを内蔵する液晶ディスプレー付きコンパクトデスクトップパソコン『PriusAir 670F7AVA』『同 670F5LVA』『同 650F5LWA』、CPUにモバイルPentium 4またはモバイルCeleronを搭載し、上位2機種がスロットインタイプのDVD MULTIドライブを内蔵するノートパソコン『PriusAir Note 100F5TVP』『同 100F5TVC』『同 100F5TMC』という6機種を発表した。価格はすべてオープンプライスで、編集部よる予想実売価格と発売予定日は、670F7AVAが約23万円、670F5LVAは約20万円、650F5LWAが約18万円、100F5TVPは約23万円、100F5TVCは約20万円、100F5TMCは約18万円。発売予定日は、デスクトップの最上位機670F7AVAのみ6月14日、ほかは24日。

高視野角&高輝度の17インチワイド液晶ディスプレーが付属

PriusAir 670F7AVA
PriusAir 670F7AVA

コンパクトデスクトップ“PriusAirシリーズ”の3製品には、最上位機種(670F7AVA)に1280×768ドット(WXGA)表示で17インチワイドの“アドバンスドスーパーピュアカラー”液晶ディスプレー、下位2機種(670F5LVA、650F5LWA)にXGA表示で15インチのラスタービュー液晶ディスプレー(最下位モデルのみマイナスイオン発生器内蔵)が付属する。アドバンスドスーパーピュアカラー液晶パネルは、同社のパソコン用ディスプレーに今回初めて採用されたもので、上下左右170度の高視野角、開口率30%向上による最高約350cd/m2の高輝度、400:1の高コントラスト、映り込みの低減とパネル表面のツヤを両立した“ラスター加工+AR(Anti Reflection)”処理などが特徴。独自機能として、動画(オーバーレイ表示)を全画面表示した場合には自動的に高輝度(初期値約350cd/m2)に切り替える“オート輝度調整機能”、中央/右寄り/左寄りの3ヵ所で拡大率を変更しながら縦横比4:3の画面を16:9に引き伸ばす“3分割スムージング機能”を持つ。また、USB 2.0×2のHub機能も内蔵(USB 2.0Hub機能は3機種に共通)。

CPUは、最上位機種がAthlon XP 2400+-2GHz、下位2機種はAthlon XP 2200+-1.8GHzで、チップセットはグラフィックスアクセラレーター機能内蔵のSiS 740を採用。ビデオメモリーはメインメモリーから最大32MB共用。メモリーはPC2100対応DDR SDRAMを標準256MB/最大1GB搭載可能。HDDは約120GB。光メディアドライブは、上位2機種がDVD-RAM/R/RW対応のDVD MULTIドライブ(DVD-RAM読み出し6倍速/書き込み2倍速、DVD-R読み出し6倍速/書き込み2倍速、DVD-RW読み出し6倍速/書き込み等速)を内蔵し、最下位機種はDVD-ROMとCD-R/RWの2ドライブ構成。また、上位2機種はハードウェアMPEG-2エンコーダー機能付きTVチューナーを内蔵(リモコン付属)、720×480ドット(8Mbps)の最高画質で約25時間、同(2Mbps)の長時間録画モードで約100時間の録画が可能。

通信機能は10/100BASE-TXのEthernet、56kbps(V.90対応)のファクスモデムを内蔵。インターフェースは、USB 2.0×6(前面2/背面2/ディスプレー2)、i.LINK(IEEE1394、4ピン)×2、アナログRGBとDVI-Dのディスプレー出力、オーディオ入出力、およびビデオ入力(S-VIDEOとコンポジット、TVチューナー内蔵の上位2機種のみ)。拡張スロットはPCI×2(長さ150mm以内、TVチューナー内蔵モデルは空き1)と、TypeII×2またはTypeIII×1でCardBus対応のPCカードスロット。

本体サイズと重量は、幅104×奥行き344×高さ367mm(縦置き時)/約9.2kg(最下位機種のみ10.2kg)。ディスプレーのサイズと重量は、17インチタイプ(最上位機種)が幅552×奥行き190×高さ387mm/約6.3kg、15インチタイプ(下位2機種)が幅443×奥行き190×高さ376mm/約4.7kg。プレインストールOSはWindows XP Home Edition SP1、プレインストールソフトはOffice XP Personal、マルチコンテンツビューワー『PriusAir View』、DVD作成ソフト『WinDVD Creator for HITACHI』、CD/DVDライティングソフト『Drag'n Drop CD+DVD』、など。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン