このページの本文へ

日本IBM、データ復旧ツール付きの『USB2.0対応 20GBポータブル・ハードディスク』を発売

2003年04月02日 16時26分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)は2日、USB 2.0に対応した手のひらサイズのポータブルHDD『USB2.0対応 20GBポータブル・ハードディスク』の販売を25日に開始すると発表した。通販サイト“IBMダイレクト”での販売価格は3万6800円。

『USB2.0対応 20GBポータブル・ハードディスク』
『USB2.0対応 20GBポータブル・ハードディスク』

『USB2.0対応 20GBポータブル・ハードディスク』(09N4211)は、HDDのデータ復旧ツール『Rapid Restore PC』が付属するのが特徴の小型ポータブルHDD。『Rapid Restore PC』は、利用環境や生産性の向上を目的としたパソコンの付加機能“ThinkVantage テクノロジー”の中核ソフトのひとつで、HDDの内容を隠し区画にバックアップしておくことで、OS(基本ソフト)が起動しないようなトラブルの際に短時間で復旧できるようにするもの。『Rapid Restore PC』の導入時の基本バックアップ、アプリケーションなどを組み込んだ最適な使用環境の“ベストショット”、定期的に更新されている最新バックアップ環境の3種類から復旧できる。

HDDの容量は20GBで、搭載するバッファーのサイズは2MB。ディスクの回転数は毎分4200回転。シーク時間は12ミリ秒で、転送速度は読み込みが毎秒900KB、書き込みが毎秒700KB。本体サイズは幅76×奥行き142×高さ16mm、重量は241g。本体カラーはブラックを採用。対応OSはWindows 2000/XP。USBケーブル、補助電源ケーブル(USB経由)、携帯用ケースが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン