このページの本文へ

ハギワラシスコム、メモリースティック I/OやSDIOに対応した無線LANカードやBluetoothカードなど4製品を発表

2003年03月28日 22時53分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ハギワラシスコムは28日、メモリースティック I/Oに対応したワイヤレスLANカード『メモリースティックIO対応ワイヤレスLANカード(仮称)』とBluetoothカード『メモリースティックIO対応Bluetoothカード(仮称)』、SDIOに対応したワイヤレスLANカード『SD IO対応ワイヤレスLANカード(仮称)』とBluetoothカード『SD IO対応Bluetoothカード(仮称)』の4製品を夏に発売すると発表した。価格は未定。

4製品の写真
左からメモリースティック I/O対応のワイヤレスLANカードとBluetoothカード、SDIO対応のワイヤレスLANカードとBluetoothカード

『メモリースティックIO対応ワイヤレスLANカード(仮称)』(HNT-MSW1)は、メモリースティック I/O規格とIEEE 802.11b規格に準拠した無線LANカード。メモリースティック I/Oスロットを搭載したPalm OS搭載PDA(携帯情報端末)で利用できる。128bit/40bit WEPをサポートしており、“Wi-Fi認証”を取得しているという。転送モードは1bit。伝送距離は約37m。動作電圧は3.3Vで、消費電力は送信時が約300mA、受信時が約250mA、スタンバイ時が約20mA。対応OSはPalm OS 5。本体サイズと重量は未定。

『メモリースティックIO対応Bluetoothカード(仮称)』(HNT-MSB1)は、Bluetooth 1.1規格に準拠したメモリースティック I/Oスロット用カード。伝送距離は約10mで、伝送速度は最大723kbps。転送モードは1bit。Palm OS 5に対応する。動作電圧は3.3V。本体サイズと重量は未定。

『SD IO対応ワイヤレスLANカード(仮称)』(HNT-SDW1)は、SDIO規格とIEEE 802.11b規格に準拠した無線LANカード。128bit/40bit WEPをサポートしており、“Wi-Fi認証”を取得しているという。転送モードは4bit SD。伝送距離は約37m。動作電圧は3.3Vで、消費電力は送信時が約300mA、受信時が約250mA、スタンバイ時が約20mA。対応OSはPalm OS 4以降。本体サイズと重量は未定。

『SD IO対応Bluetoothカード(仮称)』(HNT-SDB1)は、SDIOとBluetooth 1.1規格に準拠したBluetoothカード。伝送距離は約10mで、伝送速度は最大723kbps。転送モードはSPI/1bit、SD/4bit SD。動作電圧は3.3V。Palm OS 5に対応する。本体サイズと重量は未定。

なお、各製品の仕様は暫定仕様であるとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン