このページの本文へ

ラトックシステム、Pocket PC対応のUSBホストCFカード『REX-CFU1』を発売

2002年11月29日 20時49分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ラトックシステム(株)は29日、Pocket PCにUSBホストポートを増設できるUSBホストCFカード『REX-CFU1』の出荷を12月上旬に開始すると発表した。価格は1万4800円。

『REX-CFU1』
『REX-CFU1』

『REX-CFU1』は、Pocket PC 2002を搭載した携帯情報端末のコンパクトフラッシュ用スロットに装着して、キーボードやバーコードリーダー、リムーバブルドライブ、フラッシュメモリーなどを利用できるようにするCF(Type II)のインターフェースカード。USB 1.1(B)ポートを装備し、USBケーブルをそのまま接続できる。約30cmの長さのケーブルは着脱可能。バスパワーで動作し、電圧は5V/3.3Vの両方に対応する。消費電流は5V動作時が27mA、3.3V動作時が34mA。最大供給電流は100mA。本体サイズは幅42.8×奥行き34.6×高さ4.9mm、重量は約10g。対応機種は、Pocket PC 2002を搭載し、CPUにSA-1110またはPXA250を搭載した製品。日本ヒューレット・パッカード(株)のiPAQ H3800/H3950や、(株)東芝のGENIOe 550X/G/GS、富士通(株)のPocket LOOXほか。

オプション『REX-CFADP』

オプションのCF(Type II)をPCカードに変換するアダプター『REX-CFADP』(価格は3800円)を利用すればPCカードスロットを搭載したPocket PCでも利用できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン