このページの本文へ

NTT-ME、Bフレッツ対応のブロードバンドルーター『BA8000 Pro』を発売

2002年11月18日 21時11分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ エムイーは18日、ブロードバンドルーター“BAシリーズ”の新製品として、“Bフレッツ”“フレッツ・ADSL”“フレッツ・ADSLモア”に対応した、家庭・小規模事業所向けのブロードバンドルーター『BA8000 Pro』の販売を30日に開始すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は1万7000円前後。

『BA8000 Pro』『BA8000 Pro』

『BA8000 Pro』は、米Brecis Communications社製のMIPSプロセッサー『MSP2000-180MHz』を採用し、インターネット通信を行ないながらLAN側ポート間の通信だけを遮断する“ポートベースVLAN機能”に対応した4ポートの10BASE-T/100BASE-TX対応のスイッチングハブを搭載する。スループットは最大90Mbps(FTPダウンロード時)。本体サイズは幅33×奥行き152.2×高さ185mm、重量は約468g。電源はACアダプター。

ファイアーウォール機能として、“静的パケットフィルタリング機能”、“ステートフル・パケットインスペクション機能”、“ダイナミックフィルタリング機能”、DoS攻撃などの不正アクセスを遮断する機能を搭載する。従来の“スタティックルーティング機能”、“ダイナミックルーティング機能”に加え、送信先IPアドレスだけでなくプロトコル、送信元IPアドレス、送信先ポート番号、送信元ポート番号などの詳細を設定できる“ポリシールーティング機能”、特定のDNS問い合わせの転送先DNSサーバーを指定できる“DNSルーティング機能”を搭載する。

さらに、Windows Messenger(V.4.6以降)などのビデオチャットやアプリケーション共有がLANポートに接続した複数台のパソコンから同時に利用可能となる“UPnP”や、2つのプロバイダーなどへの同時接続が可能となる“PPPoEマルチセション接続機能”に対応する。

そのほか、複数のグローバルIPアドレスによるLAN型の接続形態、グローバルIPアドレスをLAN上のプライベートアドレスに変換する“NAPT(NAT/IPマスカレード機能)”、“静的IPマスカレード機能”、固定のグローバルIPアドレスがない場合でも公開サーバーに自分専用のドメイン(ホスト名)で外部からアクセスできる“ダイナミックDNSサービス”(最大2個のダイナミックDNSアカウントの登録が可能)に対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン