このページの本文へ

デルコンピュータ、Pentium 4-3.06GHz搭載デスクトップ『Dimension 8250』を発売――ワークステーションも

2002年11月15日 19時33分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は15日、個人・SOHO向けデスクトップパソコン『Dimension(ディメンション) 8250』と、ワークステーション『Dell Precision Workstation(デル・プレシジョン・ワークステーション) 350』の新製品として、“ハイパー・スレッディング・テクノロジ”に対応したPentium 4-3.06GHzを搭載したモデルを同日付けで発売すると発表した。購入・問い合わせ窓口は、TEL.044-556-6190または直販サイト“オンライン・ストア”。

『Dimension 8250』
『Dimension 8250』

『Dimension 8250』は、10月に発表したデスクトップパソコンの最上位機種で、今回発表したPentium 4-3.06GHzモデルは最上位モデルとなる。最大1.5GBのPC1066対応RDRAMメモリー、最大120GBのUltra ATA/100対応のHDD、オプションでカナダATIテクノロジーズ社の『RADEON 9700 PRO』搭載グラフィックスカードを搭載できる。チップセットはi850Eで、USB 2.0×8(前面×2、背面×6)、10/100BASE-TX(オンボード)を装備する。本体サイズは幅181×奥行き447×高さ425mm、重量は12.7kg(構成による)。また、オンラインゲームとのセット『FINAL FANTASY XIパッケージモデル』も用意する。

価格構成例は、512MBメモリー、40GBのHDD、DVD+RW/+Rドライブ、RADEON 9700 PRO(128MB DDR)、Creative Sound Blaster LIVE! 5.1 PCIサウンドカードの構成で、Windows XP Home Editionを搭載し、24時間プレミアム電話サポート(Eメールサポート付き)、1年目オンサイト保守サービスなどが付属して、28万6800円。

『Dell Precision Workstation 350』
『Dell Precision Workstation 350』

『Dell Precision Workstation 350』は、850Eチップセットを搭載し、Gigabit Ethernetインターフェースを標準装備したワークステーション。最大1.5GBまでデュアルチャネルRDRAM(PC1066)を搭載できるほか、グラフィックスカードには、米エヌビディア社の『Quadro4 900XGL』ビデオカードなど3種類を選択して搭載できるのが特徴。

価格構成例は、512MBメモリー、80GBのHDD、48倍速CD-ROMドライブ、Quadro4 900XGL(128MB)の構成で、Windows XP Professionalを搭載し、24時間プレミアム電話サポート(Eメールサポート付き)と3年間当日対応オンサイト保守サービスが付属して、32万6500円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン