このページの本文へ

日立リビングサプライ、131万画素の入門/初心者向けデジタルカメラ『HDC-1』を発売

2002年11月01日 17時26分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立リビングサプライは1日、同社のデジタルカメラ“i.mega”シリーズの新製品として、本体重量が約110g(電池を含まない)、1.5インチTFTカラー液晶ディスプレーを搭載した131万画素のデジタルカメラ『HDC-1』を22日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は1万円後半~2万円後半。

『HDC-1』
『HDC-1』

『HDC-1』は、131万画素(総画素数136万画素)の2分の1インチCMOSイメージセンサーを搭載する。隣り合った画素の色や明度などの情報を算出して記録画素を追加する補間機能により、200万画素相当(1600×1200ピクセル)の撮影を可能とし、A4サイズのプリントアウトに対応しているという。本体サイズは幅93×奥行き38×高さ56mm(突起部を含まない)。8MBのフラッシュメモリー、SDメモリーカードスロット、ビデオ出力端子、モードダイヤルなどを搭載する。

動画撮影機能(320×240ピクセル、内蔵フラッシュメモリー記録時:最大70秒)、約15~20cmのマクロ撮影機能、デジタル2倍ズーム機能、セルフタイマー撮影機能(約10秒)のほか、パソコンカメラ機能(USB接続、最大640×480ピクセル)や、データの取り込みだけではなく格納も可能にしたリーダー/ライター機能などを搭載する。

F値は3.5、焦点距離は8.5mm(35mフィルム換算で約52mm)。標準の最短撮影距離は約60cm。露出補正は±2段(1/2段ステップ)。ホワイトバランスはオート/晴天/電球/蛍光灯。静止画の記録画素数は1600×1200/1280×1024/640×480ピクセル。内蔵フラッシュメモリーの静止画像記録枚数は約36枚(1600×1200ピクセル、JPEG圧縮モードがノーマル時)。電源は単3形アルカリ乾電池×2またはUSB供給。対応OSはWindows 98/98 SE/Me/2000/XP。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン