このページの本文へ

フリービット、オン・ザ・エッヂが“livedoor”のサービス運用とコンサルティングを委託と発表

2002年10月31日 23時53分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)フリービット・ドットコムは31日、(株)ライブドアのISP事業“livedoor”が(株)オン・ザ・エッヂに譲渡されることの発表を受け、“livedoor”のネットワークインフラを始めとした各種サービスの運用とコンサルティングでオン・ザ・エッヂと提携したことを発表した。これにより、オン・ザ・エッヂは費用を大幅に削減でき、営業譲り受けの初月から単月黒字となる見込みとなったという。

“livedoor”の各種サービスやカスタマーサポートは原則としてすべて継承するほか、フリービット・ドットコムにネットワークを移管することで、全国どこからでも3分8.5円で接続できるサービスも提供できるとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン