このページの本文へ

オン・ザ・エッヂ、ウェブ/電話/メールを連動させたコミュニケーションサービス“Telmi”を発表

2002年11月18日 16時56分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)オン・ザ・エッヂは18日、ウェブと、携帯電話、固定電話、電子メールを連動させたユーザー参加型の次世代コミュニケーションサービス“Telmi(てるみ)”を開始したと発表した。横河キューアンドエー(株)と共同で運営する。

“Telmi”は、ウェブで“コンピュータ”“趣味”“教育”“出会い”“健康”“法律”などのカテゴリーやキーワードを利用して、会話や相談をしたい相手(情報提供者)を検索し、登録ユーザー同士が電話で会話や相談を行なえるサービス。Telmiからの電話を着信して通話を行なうため、電話番号やメールアドレスを通知せずに、匿名で会話やメールのやり取りを行なえるのが特徴。通話の終了後に情報提供者を評価でき、相談を受ける側になると、通話時間に応じたポイントを獲得できるうえ、現金でポイントの払戻しを受けることもできる。録音テープや電子メールで応答してもポイントを獲得できる。専門知識を持つ公式スタッフもあらかじめ登録されているという。

利用には登録(無料)が必要で、通話にはポイントを購入する必要がある(1分あたり90ポイントから)。決済にはクレジットカードを利用。今後はネットバンクなどの決済にも順次対応する予定。料金については、固定電話にIPネットワークを使用することで全国一律にしたという。

同社では、Telmiを、C to Cのビジネスモデルに課金システムを組み合わせたサービスとして、システムのOEMによる提供や、カスタマイズにも対応する。また、企業単位でのTelmi公式スタッフの募集も行なっているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン