このページの本文へ

メディアエクスチェンジ、ライブドアと業務/資本提携

2005年11月22日 22時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

メディアエクスチェンジ(株)は22日、(株)ライブドアと業務/資本提携で基本合意書を締結することを決議したと発表した。

インターネットデータセンター(iDC)業界は、市場自体は拡大傾向にあるが、多数の事業者が乱立しており、さらなる収益拡大を図るには、事業規模の早期拡大と付加価値サービスの展開が必要であると同社が考えたことによるもの。ライブドアに対して第三者割当増資を行ない、普通株式3万9486株(発行済み株式の41.66%)を割り当てる。発行価額は1株あたり12万3700円。

同時に、ライブドアは公開買い付けも行ない、買い付けが予定通り行なわれ、ライブドアが同社の株式の約8.35%以上を取得した場合、同社はライブドアの子会社となる。なお、ライブドアからは同社に過半数の取締役が派遣される予定(代表権を持つ者1名を含む)。

同社は、1997年に商用IX(インターネットエクスチェンジ)事業者として設立され、法人向けインターネットサービスやiDCサービスなどを提供している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン