このページの本文へ

ライフボート、マルチブートソフト『システムコマンダー7 Plus』を発売

2002年10月31日 17時25分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ライフボートは31日、マルチブートソフト『システムコマンダー7 Plus』を12月1日に発売すると発表した。価格は1万2800円。対応OSはWindows XP/2000/NT/Me/98/95、DOS。開発元は米V Communications社。

『システムコマンダー7 Plus』はWindows XP/2000やLinuxなど複数のOSを切り替えて起動できるユーティリティーソフト。現在発売されている『システムコマンダー7』に、ファイルの新規作成や、更新を行なうごとに自動でバックアップを作成する“オートセーブ”の機能を新たに搭載して発売するもの。ファイルシステムを問わず、英語/中国語/韓国語などOSの言語にも依存せず動作する。

オートブート新しく追加されたユーティリティー“オートブート”の画面

動作機種はPC/AT互換機、PC98-NX。CPUに386MHz以上のPentium互換CPUを使用し、HDDの空き容量は25MB以上。“オートセーブ”を使用する場合は、対応OSがWindows XP/2000/NT 4.0/Me/98、HDDの空き容量は8MB以上。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン