このページの本文へ

ライフボート、HDDコピーツール『コピー コマンダー』を発売

2002年10月15日 20時54分更新

文● 編集部 栗山博行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ライフボートは15日、米ヴィ・コミュニケーションズ(V Communications 社)が開発したHDDコピーツール『Copy Commander』の日本語ローカライズ版『コピー コマンダー』を、11月15日に発売すると発表した。価格は6000円。

『コピー コマンダー』

コピー コマンダーは、HDD内のデータをMBR(マスター・ブート・レコード)ごとコピーするHDDコピーツール。このソフトを利用することで、新規に購入したHDDなどに現在利用しているHDD内にあるOSやソフトウェアの設定やデータをそのまま移しかえることが可能だという。コピー可能なOSは、Windows 3.x/95/98/Me/NT/2000/XP、DOS、Linux、OS/2、BSD、Solarisなど。対応するファイルシステムは、FAT16、FAT32、NTFS、HPFS、Linux Ext2、Linux Ext3、Linux Liser、Linux Swapなど。プログラムはCD-ROM上で動作するためインストールは不要だが、IBM PC/AT互換機のみに対応する。

コピー コマンダーのメイン画面

主な特徴は、データが書き込まれたセクターのみをコピーする“高速コピー機能”、パーティションの作成、削除、コピーに対応し、コピー元とコピー先のHDD容量が違っていても自動的にパーティションのサイズを変更する“パーティション操作機能”など。

対応HDDは、E-IDE、IDE、SCSI(BIOS搭載SCSIカードが必要)。DVD、MOなどのリムーバブルメディアやRAIDシステムなどには対応しない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン