このページの本文へ

ウィンドウ、Windowsサーバー向けのボトルネック改善プログラムを提供開始

2002年10月25日 20時00分更新

文● 編集部 高橋洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ウィンドウは24日、Windows搭載サーバーのCPUやメモリー、ディスクの入出力状況を解析して性能改善のアドバイスを行なう“ホットファイル・リサーチサービス”の提供を開始した。

QikSPY
『QikSPY』

同社によると、アプリケーションのボトルネックは、外部磁気ディスクのデータ入出力の遅さが大きな原因で、こうしたプロセスの多くは5%未満のホットファイルに集中しているという。同サービスでは、米プラティパステクノロジー(Platypus Technology)社の解析プログラム『QikSPY(クイック・スパイ)』を利用して、頻繁に使われているホットファイルの特定を行なう。ウィンドウのホームページから同ソフトをダウンロードして、システムの稼動中に起動すると、サーバーのローカルディスクに保存されたテスト結果をアップロードし、2営業日以内に可視化したレポートを提出する。対応OSはWindows NT/2000/XP。

ウィンドウでは、今回のサービスを無料で提供することにより、1日に出荷を開始したWindowsサーバー向け半導体ディスク装置『QikDATA M1』の拡販を目指したい考えだ。来年1月には、Oracleに特化した『QikSPY for Oracle』の提供を開始する予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン