このページの本文へ

ノバック、日本仕様のTVチューナー付きビデオキャプチャーカード『PrimeTV 7133』を発売

2002年10月22日 17時50分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ノバックは22日、日本仕様のTVチューナーと音声多重ビデオデコーダーチップを搭載したビデオキャプチャーカード『PrimeTV 7133』を11月22日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は1万円前後。

『PrimeTV 7133』『PrimeTV 7133』

『PrimeTV 7133(プライム・ティーブイ・7133)』(NV-PT1000)は、日本市場向けに開発されたロイヤル フィリップス エレクトロニクス社製の最新ビデオデコーダーチップ『SAA7133』と日本仕様のTVチューナーを搭載しており、チューナー内部の中間周波数と、VHFの1チャンネルや6チャンネルなど倍数となる周波数との干渉により発生する映像ノイズを低減したのが特徴。『SAA7133』には9ビットのA/Dコンバーターが統合されており、自然映像の発色が向上しているという。

ビデオ編集ソフト『honestech MPEG Editor 4.0』が付属する。同ソフトは、変更した個所だけを再エンコードし、変更のない部分をそのまま保存する“スマートレンダリング”技術を採用するほか、プロジェクトファイルを作成せず直接ファイルを編集できる機能を搭載する。また、編集したMPEG-1/2ファイルをAVIファイルに変換したり、AVIファイルをMPEG-1/2ファイルに変換したりできるほか、MPEGファイルを別プロファイルのMPEGファイルに変換することもできる。出力フォーマットは、MPEG-2のDVD-VideoとSuper VideoCD(SVCD)、MPEG-1のビデオCD(VCD)フォーマットに対応したMPEGビデオファイルに対応する。そのほか“iEPG”対応の録画/視聴/再生ソフト『honestech MPEG TVR』やテレビ視聴ソフト『LifeView FlyVideo』も付属する。

また、同社では、DirectShow APIに準拠しているため、サードパーティー製のビデオキャプチャソフトが利用できるとしており、フリーウェアのAVIキャプチャーソフト『hunuaaCap(ふぬああキャプチャ)』などでも動作を確認しているという。

対応する環境は、Pentium II-400MHz以上、Celeron-466MHz以上、Athlon/Duronを搭載したパソコンで、OSがWindows 98 SE/Me/2000 Professional/XPのモデル。製品には赤外線リモコン、リモコン受光器付きケーブル、オーディオケーブルが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン