このページの本文へ

ノバック、パソコンディスプレー用テレビ&ビデオ入力アダプターを発売

2002年10月31日 16時07分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ノバックは31日、パソコンディスプレー用テレビ(TV)&ビデオ入力アダプター『EntaVision(エンタビジョン)』を11月22日に発売すると発表した。価格は1万9800円。

『EntaVision』
『EntaVision』

『EntaVision』は、ディスプレーでのTV視聴を可能とするアダプター。家庭用TVゲーム機やビデオ機器からの映像も出力が可能。TVアンテナ線を同製品に接続し、付属のケーブルセットでパソコンに接続して使用する。ドライバーソフトは不要。ステレオ対応のFMチューナー(76~90MHz)を搭載し、パソコンでラジオも聞ける。

映像をXGA解像度で出力するため、シャギー(輪郭部のギザギザ)など液晶ディスプレー側での伸張処理による影響を受けず、鮮明な表示が可能になるという。プログレッシブ回路を搭載し、ディスプレーへの出力前にインターレース映像をプログレッシブ映像に変換する“デインターレース(De-interlace)”処理を行なうため、画面のちらつきが抑えられる。画面の右下端にテレビウィンドウを表示させるPIP(ピクチャーインピクチャー)機能を搭載し、パソコンを使用しながら、パソコン側のCPUを使用せずにTV視聴が可能となる。

対応チャネルは、VHF 1~12ch/UHF 13~62ch/CATV C13~C63ch(有料放送のスクランブル解除機能は未搭載)。音声多重放送に対応し、ステレオ音声/二重音声の受信が可能。出力解像度は、640×480(VGA)/800×600(SVGA)/1024×768(XGA)ドット。外部端子は、VGA出力(ミニD-Sub15ピン)、VGA入力、AV入力(コンポジットビデオ、音声)、Sビデオ入力(DIN)。本体サイズは幅120×奥行き200×高さ27mm(端子突出部を含まない)、重量は250g。

本体またはビデオカードに、VGA端子(ミニD-Sub15ピン)を搭載するパソコンと、VGA入力対応の解像度640×480ドット以上のディスプレーが必要となる。

付属品は、赤外線リモコン、VGA入力ケーブル、AV分岐ケーブル、Sビデオケーブル、オーディオケーブル、FM用ワイヤーアンテナ、ACアダプターなど。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン