このページの本文へ

エイベックス、携帯電話を利用した少額決済システム“avexモバレジ”を開始

2002年10月21日 23時10分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エイベックスネットワーク(株)は21日、携帯電話を利用した少額決済システム“avexモバレジ”を開始すると発表した。25日9:00から、エイベックス(株)の有料音楽配信サービス“@MUSIC for WMA”内で楽曲を購入する際の決済システムに導入される。

avexモバレジ画面
携帯電話上で“モバレジクーポン”を購入する流れ

“avexモバレジ”は、EZWebを利用した“パソコン連動決済サービス”に対応しており、料金は携帯電話の利用料金とともに請求される。

“@MUSIC for WMA”内での利用方法としては、まず携帯電話の“avexモバレジ”のページにアクセスし、楽曲購入用のパスワードが記載された“モバレジクーポン”を、必要な曲数(1回に4曲、840円分まで)を購入する。その後、パソコンから“@MUSIC for WMA”のウェブサイトにアクセスし、決済画面で“モバレジクーポン”で購入したパスワードを入力する、という流れになる。

“avexモバレジ”については、従量制課金(利用するコンテンツごとに課金)にも対応できるのが特徴で、“@MUSIC for WMA”での利用の場合、3曲分の“モバレジクーポン”を持っていて1曲購入した場合は1曲分のみが減額され、残金があることをシステム上で管理できるという。

今後は、ライブ中継の映像や壁紙、スクリーンセーバーの配信や、他の携帯電話キャリアー向けへのシステムの導入を検討しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン