このページの本文へ

KDDI、法人向けのIP電話サービスの本格提供を開始――個人向けは12月に試験サービス開始

2002年10月16日 22時38分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ケイディーディーアイ(株)は16日、法人向けに提供してきたIP電話サービス“KDDIインターネット IPフォンサービス”の試験サービスを、11月1日に本格サービスに移行すると発表した。また、12月には個人向けIP電話サービス“KDDI IP電話サービス”の試験サービスを開始する。

“KDDIインターネット IPフォンサービス”は、同社の法人向けインターネット接続サービス“KDDIインターネット”のイーサエコノミー/プレミアム/ゲートウェイ/Business-DSLエコノミーの加入者を対象に提供される。

通話はIP電話から一般加入電話への通話で、同サービスの加入者間での通話は無料。提供にあたっては“IPフォンアダプター”を介して接続し、アダプター1台につき最大4回線(チャネル)まで同時に通話できる。

通話料金は、時間帯と距離にかかわらず、日本全国一律で3分間8.5円。月額基本料金は1チャネルあたり2000円、“IPフォンアダプター”のレンタル料金が1台4000円。新規登録工事費は1契約あたり月額2000円、“IPフォンアダプター”の新設工事費が1工事あたり1万5000円。

個人向けのIP電話サービス“KDDI IP電話サービス”は、KDDIのインターネット接続サービス“KDDI DION”の付加サービスとして、ベストエフォート型のサービスが提供される。会員は同社の個人向けインターネット接続サービス“DION”の会員向けに提供し、月額料金などは未定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン