このページの本文へ

NTT Com、OCNとホットスポットを連携させた試験サービスを提供

2002年10月11日 23時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)は11日、インターネット総合サービスの“OCN”と無線LANサービス“ホットスポット”を組み合わせた試験サービス“OCN・HOTSPOT試験サービス”を15日から12月末日まで提供すると発表した。これは、OCNの認証IDとパスワードを使って、現在サービスを提供しているホットスポットを無料で利用できるサービス。同社では、今回の試験サービスで技術検証や需要動向調査をない、本格サービスの提供を検討するとしている。

“OCN・HOTSPOT試験サービス”を利用できるのは、OCNダイヤルアクセス、OCN ADSLアクセス「フレッツ」プラン(IP8/16を除く)、OCN ADSLサービス(A)、OCN ADSLサービスIPv6デュアル、OCN ISDNアクセス(IP8を除く)、OCN 光アクセス「Bフレッツ」プランの各タイプ(IP8/16/32/64を除く)を契約しているユーザー。試験サービスについては、初期費用と月額費用は無料。提供エリアは東京都内約230ヵ所。申し込みの受け付けは、15日から“OCNホームページ”で受け付ける。

利用する手順は、試験サービス申し込み時に取得する設定情報を端末に設定したうえで、ホットスポットサービスエリアでウェブブラウザーを利用してOCNの認証ID/パスワードを入力する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン