このページの本文へ

富士通、ウェブブラウザーからイントラネットにアクセスできる“Web-VPNオプション”の提供を開始

2002年10月10日 21時18分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通(株)は10日、企業向けのIP-VPNサービス“FENICSビジネスIPネットワークサービス”のオプションとして、ウェブブラウザーからイントラネットにアクセスできる“Web-VPNオプション”の販売を同日付けで開始したと発表した。サービスの提供は12月からとなる。

“Web-VPNオプション”
“Web-VPNオプション”のサービスイメージ図

“Web-VPNオプション”は、ウェブブラウザーから社内イントラネットにアクセスし、社内のウェブサーバーや、POP3/SMTPプロトコルを利用した社内メールへのアクセスが可能になる。

利用料金は、“FENICSビジネスIPネットワークサービス”の料金に加え、構築のための初期費用が10万円(5サーバー分登録費用を含む)、月額費用として基本運用費用が3万円、ID利用料が1IDにつき1500円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン