このページの本文へ

ソニー製スリムコンボドライブが玄人志向から登場!

2002年09月14日 23時22分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CRX810ESLIM ラベル

 玄人志向から、ソニー製スリムタイプコンボドライブ「CRX810ESLIM」が発売された。これまで販売されてきたスリムドライブは東芝PanasonicTEACといったメーカーの製品で、ソニー製スリムドライブが単品で一般の流通ルートに乗って登場したのはこれが初となる。



このスペックは間違い 発売中

 玄人志向のウェブサイトによれば、スペックは書き込み最大16倍速、書き換え最大10倍速、読み出し最大24倍速、DVD-ROM読み出し最大8倍速と、現在最速のスリムコンボドライブである東芝「SR-C8102」と同等。ちなみにパッケージのラベルに書かれているスペックは書き込み速度とDVD-ROM読み出し速度を間違えているので注意。
 ライティングソフト「WinCDR Lite」、ソフトウェアDVDプレーヤ「WinDVD4」が付属するほか、インターフェイス変換アダプタも付属。価格はコムサテライト2号店で1万9800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ