このページの本文へ

イーレッツ、USBオーディオアダプター『Windows Music eXplorer』を発売

2002年08月06日 19時54分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イーレッツ(株)は6日、光デジタル出力とアナログ出力に対応したUSBオーディオアダプター『Windows Music eXplorer』(Win-MX:ウィン・ハイフン・エムエックス)を発売すると発表した。出荷開始は7日の予定で、価格はオープン。オンライン販売の価格は3980円。

『Windows Music eXplorer』本体
『Windows Music eXplorer』

『Windows Music eXplorer』は、入力端子にUSB 1.1(Bタイプ)、出力端子に角型光デジタル端子とφ3.5mmのミニステレオジャックを装備したUSBオーディオアダプター。出力サンプリング周波数は48kHz。電源はUSBポートから供給を受け、消費電流は80mA。本体サイズは幅46.7×奥行き71.5×高さ23.0mm、重量は約30g。対応機種はPC/AT互換機で、対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP。製品にはUSBケーブル(1m)、角型光デジタルケーブル(1m)、角型-丸型光端子変換アダプターが付属する。

接続イメージ
接続イメージ

同社は併せて、7月16日に発表したパソコンで風力を変えられるUSB扇風機『一台旋風』(AIG-FAN2/ETC)のコントロールソフトに、スクリーンセーバーと連動してオン/オフを行なう機能を追加し、8日に出荷を開始すると発表した。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン