このページの本文へ

ロジテック、携帯用のUSB接続フラッシュメモリーを発売

2002年07月01日 17時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は1日、USB接続のフラッシュメモリーを7月下旬に発売すると発表した。記憶容量が32MBの『LMC-32UD』、64MBの『LMC-64UD』、128MBの『LMC-128UD』の3モデルを用意し、価格はオープン。編集部の予想価格は、LMC-32UDが5000円程度、LMC-64UDが7800円程度、LMC-128UDが1万3000円程度。対応OSは、Windows 98/98 SE/Me/2000 Professional/XP、Mac OS 9.0~9.2.2、Mac OS X 10.1.3~10.1.5。

『LMC-32UD/64UD/128UD』『LMC-32UD/64UD/128UD』

今回発売の3モデルは、USB 2.0/1.1ポートに接続が可能な携帯用フラッシュメモリー。ホットプラグに対応し、USBポートから電源供給を受けるため、外部の電源は不要となる。アクセス表示ランプ(LED)を、本体の表面と裏面に搭載し、側面にはライトプロテクトスイッチを装備する。データ転送速度は、読み込み時が毎秒1MB、書き込み時が毎秒920KB。最大データ転送速度(理論値)は12Mbps。本体サイズは縦10.5×横17.8×長さ79mm(突起部は含まない)、重量は20g。ネックストラップ、USBコネクターを保護するための脱落防止用チェーン付きキャップ、USB延長ケーブル(長さ約120cm)が付属する。なお、Windows Me/2000/XPまたはMac OSの環境では、OS標準のドライバーで動作が可能となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン