このページの本文へ

米パームとパームソース、新人事を発表――パームソース取締役に元Beのジャン・ルイ・ガセー氏が参画

2002年06月26日 21時28分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パーム コンピューティング(株)は26日、米パーム社と子会社の米パームソース(PalmSource)社の現地時間の25日付と24日付けの新人事を発表した。

ロバート・フィノキオ氏ロバート・フィノキオ氏(1999年2月の記者発表で撮影)
ジャン・ルイ・ガセー氏
ジャン・ルイ・ガセー氏(1998年11月に来日した際に撮影)

それによるとパームのCEOに現Solution Groupの社長兼COO(Chief Operating Officer:最高執行責任者)であるトッド・ブラッドリー(Todd Bradley)氏が9月1日付けで就任するほか、パームソースの取締役として、パームのCMO(Chief Management Officer:最高マーケティング責任者)であるサジブ・S・チャヒル(Satjiv S.Chahil)、元米インフォミックス社の社長兼CEO兼会長のロバート・フィノキオ(Robert J. Finocchio Jr.)、米Computer Access Technology社の社長兼CEOで、元米Be社の社長兼CEOのジャン・ルイ・ガセー(Jean-Louis Gassee)の3氏が就任する。なお、現CEOのエリック・ベナム(Eric Benhamou)会長はCEOを退任し、パームとパームソースの会長を兼任するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン