このページの本文へ

ASUSTeK製GeForce4 Ti4200はユニークなビデオ出力ケーブルを同梱

2002年06月12日 23時09分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ
パッケージ。コーポレートアニマル(?)のペガサスだが、顔の向きが上位モデルとは異なっている

 最近、マザーボード以上にビデオカードへ強気の価格設定を行うことが印象的なASUSTeKから、同社製品としてははじめてのGeForce4 Ti4200搭載ビデオカード「AGP-V8420」(型番:V8420/TD/N/128M/A)が登場。型番どおりインターフェイスとしてD-Sub15ピンのほかビデオ出力端子とDVI端子を装備し、222MHz(DDR 444MHz)駆動する4ns品のVRAMを128MB搭載するという仕様で実売価格は2万9480円。詳細は別記事を参照してほしいが、この価格は一部ベンダ製のGeForce4 Ti4400カードよりも高い



インターフェイス メモリチップと型番シルク印刷
インターフェイスはお馴染みのもの。メモリチップはSamsung製の4ns品だ
V8420/TD/N/128M/A
二股ケーブル

 ASUSTeK製のGeForce4 Tiシリーズ製品は紫色の基板を用いて話題になった。一方先日は緑色基板のイレギュラーなバルク版が登場していたが、今回登場したAGP-V8460は、紫でも緑でもない黄土色のカードとなっている。もっとも、違いはそれだけでなく、今回はじめてカード上のDVI-I端子用にDVI/D-Sub15ピンの二股ケーブルを用意しているのが大きな特徴。GeForce4 Tiシリーズは3モニタ出力をサポートしてないため、この二股ケーブルの端子はもちろん排他利用ということになる。デュアルモニタ出力をサポートする一部のビデオカードではカード側で用意する1つの出力端子からデュアルモニタ出力を可能にするための二股ケーブルを同梱する例もよく見受けられるが、排他利用のDVI/D-Sub二股ケーブルが同梱されているというのは極めて珍しい。



同梱ソフト一覧

 同梱ソフトは上位モデルの“紫色カード”と同様で、ソフトDVDプレーヤ「ASUSDVD 2000」、そして3Dゲームソフト「Aquanox」「Midnight GT」などが付属している。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ