このページの本文へ

日本電気、“BIGLOBE”にFTTHサービス“TEPCOひかり”対応コースを追加

2002年04月16日 17時13分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)は16日、インターネット総合サービス“BIGLOBE”において、東京電力(株)の光ファイバー“TEPCOひかり”をアクセス回線とする“TEPCOひかり”コースの提供を7月に開始すると発表した。事前申し込みの受け付けを5月8日に開始する。

“TEPCOひかり”コースは、上り/下りが最大100Mbpsのベストエフォート方式で提供するもので、“ホームタイプ”と“SOHOタイプ”を用意する。最大接続端末数は、ホームタイプが5台、SOHOタイプが10台。料金は、ホームタイプが月額基本料金9000円、回線終端装置使用料900円の計9900円、SOHOタイプが月額基本料金1万6500円、回線終端装置使用料900円の計1万7400円。初期費用は共通で、申し込み手数料が4500円、設置工事費用が2万7000円。提供エリアは、東京都の目黒区、大田区、世田谷区の一部で、“TEPCOひかり”の提供エリアに合わせて順次拡大する予定。今年度内に東京23区と三鷹市、武蔵野市を予定しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン