このページの本文へ

グレープシティ、J2EEベースの帳票作成ツールを発売

2002年03月12日 19時58分更新

文● 編集部 高橋洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

グレープシティ(株)は12日、J2EEベースのサーバーサイドJava帳票作成ツール『Elixir Report 3.0J』を5月中旬に発売することを発表した。

帳票デザイナ
帳票デザイナ画面。GUIによる操作が可能

『Elixir Report(エリクサーレポート) 3.0J』では、100% Pure Javaの帳票デザイナが、JDBC、EJBなどを利用したXML形式のテンプレートファイルを作成。サーバーサイドのレンダリングエンジンが、ServletやJSPの要求に応じて帳票を生成し、PDF、XML、CSVなどで出力する。

価格は、『Server Edition』が29万8000円、Server Editionで開発したアプリケーションを運用するためのライセンスは、運用時にレポートサーバーで起動するレンダリングエンジン数により、デュアルでは49万8000円、無制限では149万8000円。 クライアントJavaアプリケーションを開発するための『Professional Edition』が14万8000円。動作環境は、『Server Edition』がWindows NT/2000、Linux、Solaris、AIX、HP-UX、JRE/JDK 1.2.2以上、HDD空き容量が60MB以上。『Professional Edition』はJRE/JDK 1.1.8 + Swing 1.1.1、JRE/JDK 1.2.2以上、HDD空き容量が40MB以上。

なお、“早期トライアルキャンペーン”として、3月下旬にウェブサイトに公開予定のトライアル版(英語版)を試用後、7月末日まで購入申し込みをした先着100名に、最大30%オフでの販売を実施する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン