このページの本文へ

デジオン、DVDオーサリングソフト『DigiOnAuthor for DVD』を発売

2002年03月11日 22時10分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)デジオンは11日、パソコンでDVDメニューを作成できるオーサリングソフト『DigiOnAuthor for DVD』を開発したと発表した。価格は1万9800円。イージーシステムズジャパン(株)が4月5日に発売する。

『DigiOnAuthor for DVD』『DigiOnAuthor for DVD』

『DigiOnAuthor for DVD(デジオンオーサー・フォー・DVD』は、ビデオファイルを読み込み、用意されている背景やボタンなどのテンプレートを利用してDVDメニューを作成できるオーサリングソフト。ビデオファイルは、AVI、MPEG-1/-2と、デジオンのビデオ編集ソフト『DigiOn Video』のプロジェクト形式に対応する。静止画はBMPやJPEG、PNGなどに対応。作成したDVDメニューは、DVD-R/RW、DVD+RWにそのまま書き込むことができるほか、DVD Video形式での書き込みも可能となっている。

編集画面
編集画面。右下に“NAVIダイアログ”のボタンが配置されている

また、アドビシステムズ社のビデオ編集ソフト『Adobe Premiere』のプラグインとして利用することも可能で、Adobe Premiereから起動して、Adobe Premiereで編集した内容をDVDにすることもできるという。そのほか、初心者向けに、ボタンを押すと次の操作を教えてくれる“NAVIダイアログ”も搭載する。対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000 Professional/XP。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン