このページの本文へ

インターネットテレビジョン、ウェブカメラコンテンツの検索ポータルを開設

2002年02月02日 00時58分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターネットテレビジョンは1月31日、ブロードバンドやモバイル向けに画像を配信しているウェブカメラのコンテンツを検索するポータルサイトを2月1日に正式に開設すると発表した。検索できるウェブカメラのコンテンツは、個人、自治体、放送局などが配信しているもので、道路交通状況やお天気カメラなどの生活密着型映像から、イギリスの幽霊屋敷の24時間生中継や、人工衛星からの地球の映像なども検索可能としている。

トップ画面
ウェブカメラコンテンツの検索ポータルサイト

同サイトは、経済産業省の助成事業で開発した映像管理データベース『武蔵』を利用して映像検索のバックエンドエンジンを開発したという。OSはLinux(Turbo Linux)で、DBサーバーにPostgreSQL 7.1.2、ウェブサーバーにApache、スクリプト言語には『PHP4』を採用しており、開発にはイスラエルのZend Technologies社の製品を利用。また、同社では、オンデマンド用映像の検索エンジンも開発を完了しており、今春にはオンデマンドも含めた映像検索の総合サービスを開始する予定。

今後、同社は、開発した検索エンジンを基に、コンビニなどの防犯用CCDカメラの映像をネットワークで接続し、来店者の移動方向を検出して統計処理を行なうマーケティングサービスや、遠隔地からのセキュリティー管理をASP事業として展開するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン