このページの本文へ

『ARMA aka Omoikane GNU/Linux 2.0』発表

2001年12月05日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オモイカネ(株)は、『ARMA aka Omoikane GNU/Linux 2.0』を12月14日に発売する。



ARMA aka Omoikane GNU/Linux 2.0

『ARMA aka Omoimkane GNU/Linux 2.0』はDebian GNU/Linux互換のディストリビューション。新バージョンの主な特徴は以下のとおり。

  • インストールの最初にX Window Systemを設定することで、X上でのインストールが可能になった
  • MP3エンコーダをバンドルした
  • 標準のファイルシステムにXFSを採用した
  • インストーラと同じ操作で設定が可能な管理ツールを搭載した
インストーラー画面。

主な仕様は以下のとおり。

  • カーネル 2.4.9 & 2.4.14
  • glibc 2.2.4
  • gcc 2.95.4
  • XFree86 4.1.0.1

動作環境は以下のとおり。

  • CPU……Pentium相当以上(クロック400MHz以上推奨)
  • HDD……1.5GB以上
  • メモリ……64MB以上(96MB以上推奨)

また、商用ソフトウェア『ATOK X for Linux』やリコーフォントなどがバンドルされる。製品版の価格は1万1800円。ftp版『Omoikane GNU/Linux Free』は12月31日から公開される予定だ。

カテゴリートップへ

ピックアップ