このページの本文へ

オモイカネ(株)、「Omoikane GNU/Linux 1.0」をリリース

2000年04月02日 08時22分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オモイカネ(株)は3月31日、Debian GNU/Linux互換の新ディストリビューション「Omoikane GNU/Linux 1.0」をリリースした。Omoikane GNU/Linux (以下Omoikane)はビジネス用途に開発されたLinuxディストリビューションである。

 Omoikane 1.0は、現在リリースに向けてフリーズ期間に入っているDebian GNU/Linux (potato)の3月30日時点のパッケージを収録しており、Debianのパッケージをそのままインストールすることができる。さらに、ハードウェアの自動検出とパッケージごとの対話的設定作業が必要ない「スマートインストーラ」や、同一構成の複数マシンへの非対話的インストールでが可能な「全自動インストールディスク生成機能」などを備える。

 また、Debian GNU/Linuxはパッケージが膨大すぎて扱いにくいという点を改善して、バイナリ/ソース合わせてCD-ROM 1枚まで絞り込んだ。

 対応アーキテクチャはx86とAlpha。ただし、Alpha版はまだ問題が残っているためデベロッパリリースとなっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ