このページの本文へ

iPlanet、ウェブサーバーソフト『iPlanet Web Server Enterprise Edition 6.0』と、ポータル構築ソフトにモバイル機能を追加する『iPlanet Portal Server Mobile Access Pack 3.0』を発売

2001年11月27日 16時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPlanet Eーコマース・ソリューションズ ジャパンは26日、ウェブサーバーソフト『iPlanet Web Server Enterprise Edition 6.0』を11月30日に発売すると発表した。また同時に、ポータル構築ソフト『iPlanet Portal Server 3.0』にモバイルアクセス機能を追加する、『iPlanet Portal Server Mobile Access Pack 3.0』を12月14日に発売すると発表した。

iPlanetは米アメリカ・オンライン社(America Online, Inc.)と米サン・マイクロシステムズ社(Sun Microsystems,Inc.)の提携による仮想企業。会社法人として設立されてはいないが、実質的には独立した組織として活動し、Eコマース関連ソフトウェアを製造・販売する。

『iPlanet Web Server Enterprise Edition 6.0』

『iPlanet Web Server Enterprise Edition 6.0』は、仮想ドメイン機能を搭載し、ウェブトラフィックの帯域幅を仮想サーバーごとに設定できる。さらに、Solaris 8のNetwork Cache and Accelerator機能をサポートし、キャッシュの利用によって、プロセッサーの負荷を抑制しながらパフォーマンスを高める。

また、Java Servlet/JSPの実行環境を標準で搭載しており、サン・マイクロシステムズ(株)のJavaアプリケーション統合開発環境『Forte for Java』との連携によるJavaアプリケーション環境の強化も可能。

価格は1プロセッサライセンスで23万1000円から。対応プラットフォームは、Solaris 2.6/7/8、HP-UX 11.0/11i、Windows NT 4.0 Server/2000 Server。出荷は12月14日に開始される。

『iPlanet Portal Server Mobile Access Pack 3.0』

『iPlanet Portal Server Mobile Access Pack 3.0』は、XSLスタイルシートまたはJSPテンプレートによりcHTMLまたはWMLに対応し、複数デバイスをサポートする。また、XMLで記述したシングルソースのコンテンツを複数デバイスに対応させることも可能。『iPlanet Messaging Server』のメール機能や、『iPlanet Calendar Server』のカレンダー機能との連携も行なえる。

『iPlanet Portal Server Mobile Access Pack 3.0』の価格は、100ユーザーライセンスで320万円から。『iPlanet Messaging Server』および『iPlanet Calendar Server』は、2002年3月29日までの特別価格で、100ユーザーライセンスにつき34万円。出荷は来年1月14日に開始され、日本語版は1ヵ月遅れでの発売となる。

対応プラットフォームは、Solaris 2.6/7/8(SPARC版)。メモリーは256MB以上、 HDDが400MB以上、CPUは300MHz以上、2CPU以上を推奨している。


両製品とも、サンの次世代ソフトウェア・プラットフォーム構想“Sun ONE”の対応製品であり、iPlanetでは、“Services on Demand”の実現をさらに目指していくとのことだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン