このページの本文へ

米Borland、『Kylix 2』を発表

2001年11月09日 12時21分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米Borlandは、Linux版RADツールの新バージョン『Kylix 2』を発表した。

新たに搭載された主な機能は以下のとおり。

  • XML/SOAPによるWebサービスを作成する「BizSnap」機能
  • Apache上でWebアプリケーションを動作させる「WebSnap」機能
  • データベースとWebサービスを連携させる「DataSnap」機能

製品ラインナップは、『Kylix 2 Enterprise』、『Kylix 2 Professional』、『Kylix 2 Open Edition』の3種類。米Borlandのダウンロードサイトでは、現在『Kylix 2 Enterprise Trial Edition』をダウンロードすることが可能だ。

動作環境は以下のとおり。

Kylix 2 Enterprise

  • CPU……Pentiun II-400MHz以上
  • HDD……225MB以上
  • メモリ……128MB以上

Kylix 2 Professional

  • CPU……Pentium-200MHz以上(Pentium II-400MHz以上推奨)
  • HDD……185MB以上
  • メモリ……64MB以上(128MB以上推奨)

Kylix 2 Open Edition

  • CPU……Pentium-200MHz以上(Pentium II-400MHz以上推奨)
  • HDD……110MB以上
  • メモリ……64MB以上(128MB以上推奨)

米国では11月6日に出荷されており、価格は『kylix 2 Enterprise』が1999ドル、『Kylix 2 Professional』が249ドル、『Kylix 2 Open Edition』は無料。Open Editionは第4四半期中に公開されるという。同製品のFAQによれば、『Kylix 2』日本語版は11月28日に公開される予定。公開されるエディションは不明。

カテゴリートップへ

ピックアップ