このページの本文へ

米Borland、「Kylix Open Edition」のダウンロードを開始

2001年07月26日 17時57分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米Borlandは現地時間25日、「第12回 Annual Borland Developer Conference」において、『Borland Kylix Open Edition』英語版の提供を開始したと発表した。

「Borland Kylix」はLinuxネイティブのビジュアル開発環境。5月18日には日本語版も発表されている。

『Kylix Open Edition』には、Kylixで使われているコンポーネントクラスライブラリ“CLX”をGPLに準拠してオープンソース化した“FreeCLX”が搭載されている。

米BorlandWebサイトよりダウンロード可能。なお、ボーランド(株)によると、日本語版については現在開発中で、近日中に発表する予定があるとのことだ。

カテゴリートップへ

ピックアップ