このページの本文へ

コンパック、B5ノートパソコン『Evo Notebook N200』を発表

2001年11月05日 20時30分更新

文● 編集部 中西祥智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパックコンピュータ(株)は5日、企業向けのB5ノートパソコン『Evo Notebook N200』を発表した。価格は19万8000円で、11月下旬に販売代理店および直販サイト“ダイレクトプラス”で発売する。

『Evo Notebook N200』
『Evo Notebook N200』

Evo Notebook N200は、Evo Notebookシリーズで初めてのB5ノートパソコン。マグネシウム製の筐体のサイズは幅252×奥行き199×高さ21mmで、重さは約1.13kg。本体は小型だがキーボードのキーピッチは17mmで、同社によるとデスクトップ用キーボードの90%のサイズだという。CPUには超低電圧版モバイルPentium III-M-700MHzを搭載し、消費電力は最大約50Wで、バッテリー(リチウムポリマーバッテリー)駆動時間は約2.5時間。オプションのセカンダリーバッテリー(1万5000円)を使用すると、最大6.5時間の利用が可能。

ディスプレーは10.4インチTFTカラー液晶ディスプレー(1024×768ドット、1677万色)、チップセットはIntel 440MX、グラフィックスチップはカナダATIテクノロジーズ社製RAGE Mobility L、メモリーは192MBのSDRAMで、20GBのHDDを搭載する。外部インターフェースは、PCカードスロット(Type II×1)、LANポート(10BASE-T/100BASE-TX)×1、USBポート×2、モデムポート(V.90対応、56kbps)×1、IrDAポート×1などを実装する。

また、オプションで“モバイル拡張ユニット(3万円)”も提供する。同ユニットには24倍速のCD-ROMドライブを搭載するほか、USBポート×2、キーボードやマウスポートなどを実装する。プレインストールするOSはWindows 2000 Professionalで、Windows XP Professionalへのアップグレードクーポンを添付する。

また、コンパックは同日、B5ノートパソコン『Evo Notebook N400c』に、モバイルPentium III-850MHz搭載モデル『P850/12X/128/20/C/W8』を追加したと発表した。

『Evo Notebook N400c』
『Evo Notebook N400c』

P850/12X/128/20/C/W8は、12.1インチTFTカラー液晶ディスプレー、128MBメモリー(SDRAM)、20GBのHDD(Ultra ATA/33)、LANポート(10BASE-T/100BASE-TX)、PCカードスロット(TypeII×1)などを搭載する。消費電力は約40Wで、バッテリー駆動時間は約2.5時間。本体サイズは幅275×奥行き226×高さ22mm、重さは約1.6kg。

Windows 98 SEをプレインストールし、価格は19万8000円。11月下旬に出荷を開始する。

また、モバイルPentium III-700MHzを搭載するEvo Notebook N400cの従来モデルも、同日値下げした。Windows 2000/NT 4.0を初回起動時に選択するデュアルインストールモデルは、20万5000円から18万4800円と10%の値下げ、Windows 98 SEプレインストールモデルは、19万5000円から17万8000円と9%の値下げとなる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン