このページの本文へ

Evo Notebook N200(P700/10X/192/20/C/P2)

Evo Notebook N200(P700/10X/192/20/C/P2)

2002年04月12日 09時26分更新

文● アスキーPC Explorer編集部・小林 久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Evo Notebook N200(P700/10X/192/20/C/P2)

コンパックコンピュータ

19万9800円

ジャストB5サイズ/重量1.13kgとコンパクトな企業向けB5サイズノート「Evo Notebook N200」に、Windows XP ProfessionalとWindows 2000のセレクタブルOSの新モデルが加わった。

携帯性の高い
ジャストB5サイズの本体

 コンパックの「Evo Notebook N200(P700/10X/192/20/C/P2)」は、ジャストB5サイズのコンパクトな企業向けサブノートPCである。2001年11月に発表された前モデル(P700/10X/192/20/C/W2)とハードウェア構成は同等だが、OSが従来のWindows 2000から、Windows XP ProfessionalとWindows 2000のセレクタブル(初回起動時に選択)になった点が異なっている。

 B5ファイルサイズより一回り小さいこのカテゴリの製品には、ソニー「VAIO PCG-SRX7」、日本IBM「ThinkPad i Series s30」などの人気機種があるが、本機はこれらよりもコンパクトな印象を受ける。

 その理由のひとつは、本体の厚みが均一であるためだ。上記の2モデルでは、バッテリが張り出す関係で、前方から後方にかけて本体がせり上がり、最も厚い場所(最後部付近)では32mm前後になってしまうが、本機では全体の厚さが約21mmで一定だ。そのため手に持ちやすく、カバンにも収納しやすい。一緒に持ち運ぶ機会の多いACアダプタが38(W)×90(D)×28(H)mmと小型なのもうれしい。

写真1 キーボードは17mmピッチ/2mmストローク。タッチパッドにスクロールボタンはないが、ドライバ(Synaptic製)の機能により、縁をなぞることで同等の効果を得られる。
 CPUには超低電圧版Mobile PentiumIII-M-700MHzを搭載。本体はファンレスで、流体軸受けを採用したIBM製のHDD「DJSA-220」(20GB、写真1)を装備しているため、動作中の音も非常に静かだ。キーボードに関しても17mmピッチ/2mmストロークと必要最低限のサイズを確保しており、左下のコントロールキー付近の配置が若干窮屈に感じるものの、十分許容できる打ち心地である(写真1)。

 一方で、メモリ搭載量の少なさは本機の弱点と言える。チップセットの440MXは最大256MBのメモリを扱えるが、本機はオンボード64MB+SO-DIMMスロット×1という構成のため、最大でも192MBしか装備できない。XPをヘビーに使うユーザーにとっては若干不安が残る部分である。

 拡張性に関しては、企業向けということもありIEEE1394端子が省略され、本体にはUSB×2/外部CRT/Ethernet/モデム/IrDAなど最小限の構成となる。拡張スロットもPCカードスロット(TypeII)1基のみだ。別売の「モバイル拡張ユニット」(価格3万円)を利用することで、光メディアドライブ(標準でCD-ROMドライブを内蔵、交換可能)やシリアル/パラレルなどのレガシーポートを利用できるが、IEEE1394などは利用できない。



写真2 別売の「モバイル拡張ユニット」。着脱可能なCD-ROMドライブのほか、シリアル/パラレル/PS/2×2/外部CRT/USB×2などを備えている。
 このモバイル拡張ユニットは1.11kgと軽量で、本体と一緒に持ち運ぶことも可能だが、通常は会社のデスクなどに据え置いて、本体とドッキングした際にデスクトップの代替として使うのがメインとなるだろう。ただし、拡張ユニット側にEthernet/モデムポートを装備していないため、着脱時に、会社のネットワークや自宅のアナログ回線をいちいち本体のコネクタに抜き差しする必要があるのは少々不便だ。また、装着すると本体が25mm程度高くなり、キーボードが若干打ちにくくなる。本体にセカンドバッテリを装備した状態でも装着可能で、かなり音質のいいステレオスピーカを備える使いでのいい拡張ユニットだけに、先にあげた不満は解消してほしい部分である。

 若干オプションについて改善要望はあるものの、ドッキングシステムによってCD-ROM内蔵ノート並みの機能を実現できるサブノートとしては、本機が最小最軽量レベルであるのは間違いない。企業向けの製品だが、個人でも直販サイト「Compaq DirectPlus」から購入可能で、価格も19万8000円と手が届く位置にある。ビジネス用途中心で持ち運びに便利なノートを探している読者にはお勧めだ。


Evo Notebook N200(P700/10X/192/20/C/P2)の主なスペック
製品名 Evo Notebook N200(P700/10X/192/20/C/P2)
CPU 超低電圧版Mobile PentiumIII-M-700MHz
メモリ 192MB
液晶 10.4インチTFT液晶
解像度 1024×768ドット/フルカラー
HDD 20GB
光メディアドライブ オプション
通信 モデム&LAN
サイズ 252(W)×199(D)×21(H)mm
重量 約1.13kg
OS Windows 2000+SP2/Windows XP Professional(セレクタブル)
Officeアプリ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン