このページの本文へ

SCN、最大8MbpsのADSLサービスを3280円で開始――1.5Mbpsは2980円

2001年07月25日 18時09分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーコミュニケーションネットワーク(株)は25日、インターネット総合サービスの“So-net”において、月額の接続料が2980円からの新ADSLサービス“So-net ADSLコース”を新設すると発表した。

提供するメニューは、G.lite AnnexC準拠の下り最大1.5Mbps/上り512kbpsの“So-net ADSLコース 1.5M”と、G.dmt AnnexCのフルレート方式による下り最大8Mbps/上り1Mbpsの“So-net ADSLコース 8M”の2つ。料金は1.5Mbpsが2980円、8Mbpsが3280円となる。初期登録料は2200円(9月末まではキャンペーンとして無料)。そのほか、モデム/スプリッターの料金が必要。

“So-net ADSLコース 1.5M”では、モデム/スプリッターが買い取りとなり、USBタイプを1万4800円、ルータータイプを1万9800円で販売する。予約受け付けは8月1日に開始する。8月15日に464収容局でサービスを開始し、9月末に529収容局で提供する。

“So-net ADSLコース 8M”では、モデム/スプリッターをレンタルし、料金は月額500円。予約受け付けは8月1日に開始する。9月中旬に東京都23区の20収容局でサービスを開始し、10月末には神奈川県/大阪府の100収容局、11月末には東京都下/埼玉県/千葉県の224収容局、12月以降には北海道/宮城県/愛知県/京都府/兵庫県/広島県/福岡県の529局に拡大する。

同社は、(株)アッカ・ネットワークスなどの協力を得てADSLサービスを提供するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン