このページの本文へ

話題の白マザー「ABIT CASPER」発売! ナゾの“香り”に要注目だ!!

2001年07月13日 21時14分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ
「ABIT CASPER」。パッケージも白

 先週7日の記事でお伝えしていたAbitのホワイトマザーボード「ST6E」「ST6E-RAID」が登場した。白いマザーボードというのは恐らく世界初。代理店のバーテックスリンクによれば日本市場限定品で、ニックネームは「ABIT CASPER」となっている。


ABIT CASPERは白色で塗装されたマザーボードだ
ABIT CASPERABIT CASPER
ABIT CASPERABIT CASPER
エンブレム
パッケージには“Abit”エンブレムが付属
マニュアル
マニュアルはAbitの従来製品と同じ。ケーブルも残念ながら(?)白くはない。このあたりはAX3SP Pro CheCheに軍配が

 そんなST6EのベースはTualatinに対応した初のi815EP B-Step対応マザーボードとして話題になった従来製品「ST6」。ST6をの基板を白で塗ったように見えるが、実はチップセットがi815E B-Stepに変わっている。なぜかビデオ機能を内蔵したわけだ。ST6と同様にABITお家芸のCPU SoftMenuIIIを搭載し、50~250MHzまで1MHz単位でのFSB変更ができるほか、コア電圧も1.05~1.825Vまで0.025V単位で変更が可能になっている点には変わりない。。



比較
ST6-RAID(右)との比較。色が違う以外、ほとんど同じ。いくつか小さなチップが換装されているのが、よく見てやっと気づく程度だ

 拡張スロットはAGP×1、PCI×6、CNR×1でDIMM×3。オンボードでAC'97準拠のサウンドコーデックを搭載しており、この辺りも基本的にST6と変わりない。なお、ST6と同時発売になったST6E-RAIDはIDE RAIDコントローラ“HPT370”を搭載している。



香り付き
「香り付き」をうたうポップ

 さてこの白いマザーボードだが、色以外にも特徴がある。それは香りだ。おそらく基板のコーティング剤か何かだと思われるが、香料/石鹸/洗剤/化学塗料?と思われる匂いがする。かすかに香るわけでもなく、しっかりと匂いを認識できる。一部ショップでは「白いマザーボードだけに『白檀』(びゃくだん)のエキスを塗り込んでいるのでは?」という声も聞かれるほどで、個体差があるわけでもなく、どのショップに入荷したものも同じような匂いだった。しかも、パッケージまで同じ匂いというのだから驚かされる。代理店によれば「匂いは意図的に付けたものではない」とのことだが、この週末はST6E/ST6E-RAID、あるいはパッケージを鼻に近づけてくんくんと嗅いでみる光景があちこちで見られそうだ。



13日現在の価格情報

13日現在の価格情報
価格ショップ
ST6E
\15,980T-ZONE.DIY SHOP
\16,500コムサテライト1号店
コムサテライト2号店
コムサテライト3号店
\16,800PCiN秋葉原
\17,280若松通商エルプラザ
\17,400ZOA 秋葉原本店
\17,790TSUKUMO eX.
ツクモParts王国
\17,800高速電脳
クレバリー1号店
クレバリー3号店
\17,999カクタソフマップ
ソフマップ1号店 Chicago
ST6E-RAID
\18,800コムサテライト2号店
\19,200コムサテライト3号店
\19,700PCiN秋葉原
\19,980若松通商エルプラザ
\19,999カクタソフマップ
ソフマップ1号店 Chicago
\20,200ZOA 秋葉原本店
\20,799TSUKUMO eX.
ツクモParts王国
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ