このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

G.CREW 8 “PERSONS”/PhotoCrew 2 “PERSONS”

G.CREW 8 “PERSONS”/PhotoCrew 2 “PERSONS”

2001年07月06日 17時48分更新

文● 伊藤裕也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ペイント機能を大幅に強化した「PhotoCrew 2」

PhotoCrew 2
PhotoCrew 2のメイン画面。インターフェイスは基本的に旧バージョンと同じだ。

 PhotoCrewはフルカラーイメージの補正処理に重点を置いた、ラスターベースのグラフィックツールだ。マウスカーソルの軌跡に合わせて自由な形の範囲選択やマスク処理が手軽に行える「マスク編集」、写真についたゴミの除去に有効な「クローンブラシ」などの便利な機能を搭載し、フォトレタッチ用途で威力を発揮する。

 新バージョンのPhotoCrew 2では、ここに「ペイント機能の大幅強化」がなされた。具体的には、

  1. 「ブラシテクスチャ機能」の追加
  2. 「スタンプブラシ機能」の追加
  3. タブレット対応

――という3点の新機能の追加が挙げられる。

ブラシテクスチャ
ブラシのプロパティダイアログ。画面左下に、テクスチャの設定が見える。
 (1)の“ブラシテクスチャ”は聞き慣れない言葉かもしれないが、ブラシ機能を用いて線を描く際、ベタ塗りの線の代わりに指定したテクスチャを描画するというものだ。テクスチャには「コルク」「麻」「壁」といったオーソドックスなものから「ウロコ」「小石」といった変わりダネまで、合計50種類が用意されている。


スタンプブラシ
新機能のスタンプブラシ。左は「水彩」、右は「泡」を適用した状態だ。なお、この線は筆圧感知機能つきのタブレットを用いて描いている。線の強弱の表現にも注目してほしい。
 (2)のスタンプブラシは、PhotoCrewに用意されている各種スタンプの画像を、マウスやタブレットペンで描いた自由な曲線上に描画する機能である(“コロコロペンで描く要領”といえば理解しやすいだろう)。スタンプの模様には「ハートマーク」や「スター」「水の泡」などいかにもスタンプらしいものから、「鉛筆」や「クレヨン」「木炭」などの絵画風なタッチを持つものまで、計88種類が登録されている。この機能を活用すれば、木炭画や水彩画風の絵も手軽に描けるだろう。
 (3)は、筆圧感知機能を持つタブレットに対応したことを指している。たとえば通常のブラシの場合、筆圧で“不透明度”“太さ”“描画色の濃淡”の3つのパラメータをコントロールできる。このうちどれを筆圧によってコントロールするかは、個別に設定が可能だ。
 ペンのタッチで線を描き分けたい場合、筆圧の強弱で“線の太さ”が変わるのはいいとしても、描画した“線の透明度”や“色”が変わっては困る場合もあるだろう。そんな時には、不透明度と色の濃淡のチェックを外してブラシの太さだけを筆圧でコントロールできるわけだ。もちろん、スタンプブラシなどでも、筆圧によるコントロールが可能だ。



フィルタ
新たに加わったフィルタ「パーティクル」。特定の性質を持った粒子の集まりをシミュレートし、その結果をイメージに付加するフィルタ機能だ。ちなみに、画面左上の炎がパーティクルによる効果である。
 PhotoCrewはペイント機能に弱点がある、と評されることもあったが、今回PhotoCrew 2によって、そのイメージを完全に払拭している。ペイントソフトとしても、十分使えるようになった。
 ペイント機能以外の強化点としては「フィルタ効果の追加」が挙げられる。フィルタ機能そのものは従来からあるが、イラストの線を指定した方向に滲ませる「風」、ラップフィルムでくるんだような複雑な変形を行う「ラップ」など、10種類のフィルタ効果が新たに追加された。ほかにも、最大2m四方まで対応できる「ポスター印刷機能」の新設、精密な操作に欠かせない「グリッド・ガイドライン機能」の追加、「Web用画面の保存機能」(これはG.CREWと同じ機能だが、こちらはもともとピクセルベースでの操作になるので、ファイルの保存時にも直感的に操作可能)など、さまざまな機能拡張が為されている。

 G.CREW 8 “PERSONS”のパッケージは、G.CREW 8本体のほか、

  • 3Dロゴ(テキスト)作成ツール「3D Banner Ver.5.3」
  • 2Dロゴの作成ツール「Banner Ver.6.3」
  • 画像管理ツール「MediaLook Ver1.5」
  • 著作権料フリーのクリップアート7000点、フォトアート1200点、テンプレート1600点、TrueTypeフォント110書体(うち日本語フォントは10書体)
  • さらにデザインエクスチェンジオリジナルのデザインコンテンツとしてクリップアート2000点、フォトアート300点、テンプレート200点、日本語TrueTypeフォント10書体を収録

――という構成になっている。
 一方、PhohoCrew 2 “PERSONS”のパッケージ構成は、PhotoCrew 2本体のほかに

  • スクリーンショットを作成できるキャプチャソフト「Captude Ver1.2」
  • 画像のファイル形式を変換するためのユーティリティ「Image Convertor Ver1.2」
  • G.CREW 8にも付属する「MediaLook Ver1.5」
  • フォトアート1500点、フォトフレーム100点、TrueTypeフォント100書体(アルファベット/数字フォントのみ)
  • デザインエクスチェンジオリジナルのデザインコンテンツとしてクリップアート500点、フォトアート1000点、フォトフレーム500点、テンプレート200点、日本語TrueTypeフォント10書体を収録

――といった具合だ。
 価格はそれぞれ8980円。マニュアルやオリジナルのデザインコンテンツCD-ROMが各1枚添付されるため、直販よりも4000円高くなっている。グラフィックソフトとしては、本文中に述べたような気になる部分はあるものの、機能が豊富でコストパフォーマンスの高いソフトとしてお勧めする。

プレゼント情報!

G.CREW 8 “PERSONS”とPhotoCrew 2 “PERSONS”をセットで1名様にプレゼントします。

 なお、デザインエクスチェンジのご厚意により、「G.CREW 8 “PERSONS”」と「PhotoCrew 2 “PERSONS”」をセットで1名様にプレゼントいたします。
 応募方法は、メールのサブジェクト(タイトル)に「G.CREW 8 “PERSONS”+PhotoCrew 2 “PERSONS”プレゼント希望」と記入して、本文に、デジタルバイヤーWebサイトの感想、郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を記入のうえ、digitalbuyer@ascii24.comまでお送りください。応募の締切は7月15日とさせていただきます。※多数のご応募ありがとうございました。厳選な抽選の後、数日中に当選者に発送させていただきます。


G.CREW 8 “PERSONS”/PhotoCrew 2 “PERSONS”の主なスペック
製品名 G.CREW 8 “PERSONS”/PhotoCrew 2 “PERSONS”
開発元 メッツ
発売元 デザインエクスチェンジ
連絡先 03-5798-0210
URL http://www.dex.ne.jp/crew/
対応OS Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン