このページの本文へ

松下電器、画像データをテレビで見られる『デジタルフォトポケット』を発売

2001年06月28日 23時01分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)と松下寿電子工業(株)は28日、デジタルカメラなどで撮影したメモリーカードのデータをテレビに映したり、コピーしたりできる装置として『デジタルフォトポケット』(LK-RFH33UZ)を8月1日に発売すると発表した。価格はオープン。

『デジタルフォトポケット』(LK-RFH33UZ)。十字ボタン付きのリモコンが付属する
『デジタルフォトポケット』(LK-RFH33UZ)。十字ボタン付きのリモコンが付属する

『デジタルフォトポケット』は、単体で、各種メモリーカードに記録した画像データをテレビに映してリモコンで操作したり、メモリーカードのデータをフロッピーディスクに記録したりできる装置。ビデオ出力はNTSC。本体にPCカードスロット(Type II)と240MB/120MB対応の『スーパーディスク(SuperDisk)』ドライブを搭載する。スーパーディスクドライブは、3.5インチの2HDフロッピーディスクに32MBの記録が可能な“FD32MB”機能に対応。また、USBポートを備えており、付属のケーブルでパソコンと接続することにより、外部ドライブとして利用することもできる。対応機種は、PC/AT互換機とNEC PC98-NX。対応OSは、Windows 98/98 SE/2000/Me。

電源は、AC100Vで、ACアダプターが付属する。消費電力は9W。リモコンは単3乾電池×2。本体サイズは幅111×奥行き167×高さ40mm、重量は500g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン