このページの本文へ

定番メーカーASUSTeK製Tualatin対応マザー「TUSL2-C」が発売

2001年06月27日 21時24分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
入荷しました

 25日に登場した“Tualatin”ことPentiumIII-Sに対応するマザーボードがASUSTeKからも登場した。「TUSL2-C」と名づけられた製品はその名のとおり、従来製品「CUSL2-C」の後継にあたる。



TUSL2-C
「TUSL2-C」

 TUSL2-Cはチップセットに“i815EP B-Step”を採用。Tualatin対応のため1.25VのCPUバス電圧(VTT/AGTL+)に対応した。マニュアルにも明確にTualatinサポートがうたわれている。もちろん従来のCPUのために1.5Vの電圧もサポートされており、現在流通しているFC-PGA/FC-PGA2パッケージのPentiumIII/Celeronすべてを動作させることが可能だ。
 ボード自体は従来のCUSL2-Cとほとんど変わりなく、拡張スロットはAGP×1、PCI×6、CNR×1となっており、DIMMスロットは3本だ。メモリの最大容量は512MBで、これも従来どおり。FSBを1MHz単位で変更できる点や、VCore/VIO電圧を変更できる仕様にも変化はない。



BPとの比較
「CUSL2-C Black Pearl」(左)と比べてみた。レイアウトはほとんど同じような印象を受けるが、よく見るとコンデンサの数をはじめとして配線やチップの配列が微妙に異なっている
写真
マニュアル上でも明確にTualatin対応がうたわれている
リビジョン
マザーボードのリビジョンは1.03となっている。なお、左に見える空きパターンはCMI-8738用のもの

 なお、ほとんどのショップではサウンド機能を搭載しないモデルを販売しているが、TUSL2-Cにはアナログ6チャンネル出力とデジタル出力に対応したC-Media製サウンドチップ「CMI-8738」を搭載したモデルも存在し、一部ショップではこちらの販売も始まっている。また、27日現在ASUSTeKのウェブサイトにいっさいの情報はないものの、代理店によればi815E B-Stepを搭載する「TUSL2」もラインナップにはあるようだ。TUSL2は8月発売予定となっている。



27日現在の価格情報

27日現在の価格情報
価格ショップ
\15,980DOS/Vパラダイス本店
\16,800DOS/Vパラダイス本店(サウンド付き)
ZOA 秋葉原本店
\16,980クレバリー1号店
クレバリー3号店
コムサテライト1号店
\17,800OVERTOP
高速電脳
コムサテライト3号店
\17,999TSUKUMO eX.
\18,800T-ZONE.PC DIY SHOP
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ