このページの本文へ

NTT東日本、フレッツ・ADSLとフレッツ・ISDNの提供地域を拡大

2001年06月06日 17時56分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東日本電信電話(株)は6日、“フレッツ・ADSL”と“フレッツ・ISDN”の提供地域を東日本エリア全17都道府県で順次拡大すると発表した。今回の提供地域の拡大により、フレッツ・ADSLにおいて約6割、フレッツ・ISDNにおいては約7割のエリアをカバーすることになるという。

“フレッツ・ADSL”では、長野県岡谷市の受け付けを8日に開始し、サービスの提供を15日に開始する。続いて、東京都の福生市/羽村市/あきる野市の3市、埼玉県の加須市/羽生市/幸手市など5市、茨城県の竜ヶ崎市など3市、栃木県の足利市など7市、山梨県の富士吉田市、長野県の諏訪市、新潟県の柏崎市など5市、宮城県の気仙沼市など3市、山形県の鶴岡市、計29市について、22日に受け付けを開始し、29日にサービスの提供を開始する。

“フレッツ・ISDN”では、宮城県の気仙沼市/角田市の2市の受け付けを22日に開始し、サービスの提供を29日に開始する。また22日に茨城/栃木/宮城/群馬の各エリアで提供可能な局番を増やし、29日にサービスの提供を開始するという。

フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDNともに、ホームページ“FLET'S公式サイト”と、局番なしの“116”(9:00~17:00)で申し込みを受け付ける。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン