このページの本文へ

ヤマハ、次世代インターネットプロトコル“IPv6”対応を発表

2001年05月30日 22時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ヤマハ(株)は29日、同社のリモートルーター“RT”シリーズの9モデルにおいて、6月上旬から次世代インターネットプロトコル“IPv6”に対応したファームウェアの提供を順次開始すると発表した。同社によれば、5万円以下の普及価格帯のルーターでは世界初という。

『RT105i』
『RT105i』

対応モデルと提供予定日は、『RT140シリーズ(4品番)』と『RT300i』が6月上旬、『RT105i』と『RTA54i』が7月上旬、『RT52pro』と『RT60w』が9月上旬。ファームウェアは同社のホームページで提供する。

『RTA54i』『RTA54i』

新ファームウェアで提供するのは、IPv4ネットワークを経由してIPv6ネットワークを接続するための“IPv4 over IPv6 トンネリング”、IPv6ネットワークを経由してIPv4ネットワークを接続するための“IPv4 over IPv6 トンネリング”、両方の機器を相互に接続するための“トランスレータ機能”といった移行技術のほか、標準的なセキュリティープロトコル“IPsec”、“パケットフィルタ機能”など。ファイアーウォール機能もサポートする予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン