このページの本文へ

Let's note A2(CF-A2R4H2)/Let's note L2(CF-L2R3HMA)

Let's note A2(CF-A2R4H2)/Let's note L2(CF-L2R3HMA)

2001年05月21日 00時00分更新

文● 内田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 松下電器産業(株)は、「Let's note」シリーズに新規ラインナップ2製品を追加、6月28日より発売を開始する。これにより、この夏のLet's noteは全3ラインナップとなった。

 今回発表になった製品は、B5サブノート「Let's note A2(CF-A2R4H2)」とA4ノート「Let's note L2(CF-L2R3HMA)」。両機とも、DDIポケットのPHS通信機能「H"IN」を搭載しており、場所を選ばずいつでもワイヤレスでインターネットに接続できる。

「Let's note A2」。H”IN、バッテリ駆動6時間というモバイル性能の高いB5サブノートだ。

 B5サイズのA2は、21日に発表されたインテルの新モバイルCPU、超低電圧版Mobile PentiumIII-600MHzを採用し、バッテリ駆動時間は約6時間となっている。本体サイズ/重量は255(W)×220.5(D)×24.7~31.5(H)mm/1.4kgで、11.3インチTFT液晶(XGA表示)を搭載、メモリは64MB、HDDは20GB。「Let's note B5FR」と同様、OSはWindows 2000 Professionalがプリインストールとなっている。

「Let's note L2」。A4サイズノートながら、スリムデザインとH”INにより携帯性も重視したモデル。

 一方L2は、CD-RWドライブ(書き込み8倍速、書き換え4倍速、読み出し24倍速)を内蔵しながら、厚さ25.6~29.7mm、重量2kg(CD-RWドライブ装着時)/1.7kg(ウェイトセーバ装着時)というスリム&軽量ボディと、携帯性も重視したA4ノート。CPUはMobile PentiumIII-700MHzで、64MBのメモリ、20GBのHDD、1024×768ドット表示の13.3インチTFT液晶を搭載する。バッテリ駆動時間は約4時間。OSはWindows Meで、Office XPがプリインストール。

 両機共通の特徴としては、前述のH"INのほか、

  1. 10BASE-T/100BASE-TX、56kbpsモデム、携帯電話/PHS用通信インターフェイスを装備
  2. マグネシウム合金製ボディとHDDを保護する衝撃吸収材などにより、高さ30cmからの落下にも耐える頑丈設計(非動作時)
  3. 4つの仮想スクリーンをキーボード上部のボタンでワンタッチで切り替える「画面切替機能」を装備し、Windowsの使い勝手を向上

などがある。
 価格はいずれもオープンプライスで、実売価格はA2が21万円前後、L2が25万円前後になる見込み。

製品名 Let's note A2(CF-A2R4H2) Let's note L2(CF-L2R4HMA)
CPU 超低電圧版Mobile PentiumIII-600MHz Mobile PentiumIII-700MHz
メモリ 64MB
HDD 20GB
ビデオ Lynx 3DM4 Lynx 3DM4+
モニタ 11.3TFT(XGA) 13.3TFT(XGA)
ドライブ CD-RW(R16倍速/RW10倍速/CD32倍速)
通信 H"IN、モデム、LAN、PHS/携帯
OS Windows 2000 Windows Me
Officeアプリ Office XP
本体サイズ 255(W)×220.5(D)×24.7~31.5(H)mm/1.4kg 297(W)×238.5(D)×25.6~29.7(H)mm/2.0kg

松下電器産業(株)
問い合わせ先 パナソニックパソコンお客様ご相談センター 0120-873029

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン